Dacquoise

多くの方に愛され親しまれるよう、役に立つ情報やユニークな出来事を発信しています

おすすめ健康法

風疹にかかったかどうかわからない場合はどうすればいい?

投稿日:2018年11月21日 更新日:

Pocket
LINEで送る

最近風疹が例年以上に流行しているようです。

 

妊娠中の女性が感染すると胎児にも

影響が出る場合があるらしくて怖いですよね。

 

しかし私も含め多くの大人は、

そもそも自分が風疹にかかったことがあるかわからない

予防接種も受けたかどうか記憶がない。

という人が多いと思います。

 

そんな時はどうしたらいいのかということを、

調べてみましたのでシェアしたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

どうやって調べる?

お医者さんで調べてもらう

風疹は1度感染すると体内に免疫ができます。

それを抗体といいます。

 

自分が抗体を持っているかどうかは、

お医者さんで抗体検査をすればわかります。

 

抗体検査は、近所の診療所でやってくれますので、

1度電話して聞いてみるといいでしょう。

 

費用は大体1,500円くらいだそうです。(病院によって違うらしい)

 

親に聞いてみる

自分が風疹にかかったことがあるかどうかは

親に聞いてみるとわかる場合もあります

 

ただし、親の記憶も曖昧なことがあります。

 

それは小さい時は風疹の他にも、

はしかおたふく風邪など感染る病気が、

あるためかもしれません。

 

しかしそんな時のためにも、

「母子手帳」というものがありますので、

一度調べてもらうといいでしょう。

 

心配な方は病院に行って検査をしてもらう方が確実です。

スポンサードリンク

ワクチンの接種は年代によって制度が違う!?

現在は風疹のワクチンについては、

「予防接種法」という制度があり「定期接種」

無料で受けることができます。

 

しかしこの制度これまで何回か、

変更されていて年代によっては、

予防接種を受けていない年代があります

 

今回風疹の流行の中心となっている

20代〜40代の男性のうち、

30代〜40代の男性はこれまで、

ワクチンの定期接種を受けたことがありません。

 

20代後半〜30代前半の男性も、

学校での集団接種はなかったために、

接種率が低いそうです。

 

そのために今回の大流行となってしまったそうです。

スポンサードリンク

風疹にかかったかどうかわからない場合はどうすればいい?のまとめ

自分が風疹にかかったことがあるのかどうか

わからないという方はとりあえず

近くの診療所で検査してもらった方が良さそうです。

 

仮にかかったことがない場合は、

すぐに予防接種を受けることになると思いますが、

 

その場合自治体が費用の半分を

負担してくれるようです

(自治体によって額が違うので確認してください)

 

ただし助成の対象は、

妊娠している女性とそのパートナーに限るそうです

 

予防接種の費用は10,000円から12,000円くらいだそうです。
(病院によって違う)

 

風疹の症状は成人してから感染すると、

治るまでに時間がかかるそうです。

 

しかし、自分が治っても他の人に

感染してしまってはいけませんよね。

ましてや妊婦さんに感染ってしまっては大変です。

 

心当たりがあるかたは早めに診察を受けるようにしましょう。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読んでいます。
⬇︎
冷え性を改善するお風呂の入り方5つのポイントとは?

米ぬか入浴剤の作り方を紹介!手軽で簡単しかも無料の方法とは?

児童相談所の場所・電話番号・時間をまとめました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-おすすめ健康法
-

執筆者:


  1. […] を読んだ方は、こちらの記事も読まれています。 ⬇︎風疹にかかったことがあるかわからない場合はどうすればいい? […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク