Dacquoise

多くの方に愛され親しまれるよう、役に立つ情報やユニークな出来事を発信しています

花見

アメリカの桜の名所を紹介!有名なワシントンD.Cだけじゃなかった!

投稿日:

Pocket
LINEで送る

暖かくなってくると

いよいよ桜の開花の季節がやってきますね。

 

最近ではこの時期になると

海外からも桜を観ようと

大勢の観光客の方が訪れます。

 

日本の桜も世界的に有名になってきたことに

とても誇らしく感じます。

 

でも、ちょっと待ってください。

 

「確かアメリカにも桜はあったような気がする、、、」

と、気になったので調べてみると

やはりアメリカにも

桜の名所があることがわかりました。

 

しかもどの名所もかなり大規模!

 

そこで今日は、

アメリカの桜の名所についてまとめてみました

スポンサードリンク

スポンサードリンク

最大の桜の名所といえばやはりワシントンD.C

アメリカの桜の名所で有名な所といえば、

やはり首都のワシントンD.Cですね。

 

その歴史は1912年(明治45年)3月27日に

ナショナルジオグラフィック協会の初の女性理事であった

エリザ・シドモアの提案によって実現しました。

 

毎年3月下旬から4月上旬には、

National Cherry Blossom Festival(全米桜まつり)

開催され来場者数は100万を超えるイベントになっています。

 

日本からもアーティストや屋台が参加して、

日米をつなぐ象徴的なイベントになっています。

 

ワシントンD.Cの中でも、

特に桜が綺麗で楽しめる場所を

紹介したいと思います。

 

タイダルベイスンのボトマック川沿いの桜並木

植えられている桜の種類は、

ソメイヨシノで約3,770本が植えられており、

ワシントンD.Cで最大の桜の名所です。

 

アメリカの桜の発祥の地であり

National Cherry Blossom Festival(全米桜まつり)

行われる場所です。

 

ワシントンD.Cのシンボル、ワシントンモニュメント周辺

桜祭りのイベントの1つである

「カイト・フェスティバル」が開催されます。

 

カイト・フェスティバルは文字通り

凧揚げのイベントで参加は自由です。

 

その他にも、ワークショップや

アーティストによる野外コンサートも開催されます。

 

ワシントン・ジョージタウンにあるダンバートオークスの庭園

広大な敷地内の庭園に

「チェリーヒル」というエリアがあり

たくさんの桜が植えられています。

 

こちらは他の名所と違い

有料ですがその分ゆっくりと

桜を鑑賞したい方に最適です。

スポンサードリンク

ワシントンD.C以外の桜の名所

ジョージア州メイコンの桜は全米最多の約35万本!

ワシントンがアメリカ最大の桜の名所ならば、

こちらはアメリカで最多本数の桜の名所です

 

その本数はなんと約35万本です!

 

その始まりは住民が偶然、

自宅の裏庭で見つけた

1本の桜の木から始まりました。

 

地域のコミュニティで、

この桜を繁殖させる活動を行い、

1982年からは桜祭りを開催するようになり

毎年祭りの時期になると

街中が桜色に染まるそうです。

 

日本の花見とはかなり違った花見が楽しめそうですね。

 

ニューヨークのブルックリン植物園

ニューヨークのマンハッタンから

南に下ったエリアにあるのが

ブルックリン植物園です。

 

こちらには42の桜の品種が植えられており

たくさんの種類の桜を鑑賞することができます。

 

こちらでも毎年桜祭りが開催されているようです。

 

ニュージャージー州のブランチブルックパーク

ニュージャージー州ニューアークにある

桜の名所は、「ブランチブルックパーク」です。

 

ニューヨークから車で30分ほどの

ドライブコースになっていて、

約4000本の桜を観ることができます。

 

ペンシルベニア州フィラデルフィアのフェアマウントパーク

こちらのフェアマウントパークの園内には、

「松風荘」という日本庭園があり

見事な枝垂桜(しだれさくら)を鑑賞することができます。

 

ミシガン州のベル・アイル州立公園

ミシガン州とカナダの国境にある

デトロイト川にあるのが

「ベル・アイル州立公園」です。

 

こちらの公園には

約115本の桜が植えられており、

他の名所に比べると少しマイナーな

感じがしますが地元では、

人気の桜の名所だそうです。

スポンサードリンク

まとめ

アメリカの桜の名所について

まとめてみましたがいかがでしでしょうか。

 

アメリカに初めて

桜を持ってくることに尽力した

エリザ・シドモアさんについては

もっと深く調べれば

まだまだ素敵な話がありそうでした。

 

日本の桜も素晴らしいですが、

アメリカの桜やお祭りも

ぜひ1度参加してみたくなりますね。

 

その他の桜や花見に関する記事もオススメです。
⬇︎
花見に対する海外の反応は?外国人が驚くその理由を紹介!

花見が盛り上がるゲームで高齢者にオススメを紹介!

花見の料理が持ち寄りの時に喜ばれる料理とは?コツとポイントを紹介!

花見が盛り上がる遊びのグッズ(道具)を紹介!子供から大人まで楽しめます

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-花見
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク