Dacquoise

多くの方に愛され親しまれるよう、役に立つ情報やユニークな出来事を発信しています

雑学

日焼け止めのやり方、絶対に焼きたくない人へ効果的な塗り方を紹介

投稿日:2019年2月13日 更新日:

Pocket
LINEで送る

日焼け止めは、

選び方塗り方を間違えると

思ったよりも効果が得られなかったり

逆に肌荒れを起こしていまします。

 

日焼け止めの効果を十分に得るためには、

用途にあった日焼け止めを選び

きちんとした方法で塗ることが

とても重要です。

 

そこで今日は、

日焼け止めの効果的なやり方と

日焼け止めの効果を下げてしまうやり方、

そして用途にあった日焼け止めの選び方

についてまとめてみたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

日焼け止めの選び方

ドラッグストアや薬局などには

とてもたくさんの種類の

日焼け止めが並んでいますね。

 

どの日焼け止めをみても

『SPF』『PA』という

表示があるのをよく見かけると思います。

 

この『SPF』と『PA』が日焼け止めを

選ぶときには重要になってきます。

 

まずは自分の用途にあった

日焼け止めをしっかり選ぶようにしましょう。

 

SPFとは?

SPFとは、

『UVーB(紫外線B)』と言われる紫外線のことで

通称『レジャー紫外線』とも言われます。

 

主に肌の表面を日焼けから守ってくれて

シミやそばかすを作りにくくしてくれます。

 

お店などではよく

『SPF 30』や『SPF 50』といった

数字が書いてあると思いますが、

この数字は簡単にいうと

効果がある『時間と防御力』です。

 

SPFで日焼け止めを選ぶときの目安は

 

日常生活(買い物・洗濯など)⇨SPF10〜20

外での軽いスポーツやレジャー⇨SPF20〜30

海水浴や外作業の仕事⇨SPF30〜50

 

くらいを目安にしましょう。

 

PAとは?

PAとは、

『UVーA(紫外線A)』といい

通称『生活紫外線』と言われたりします。

 

主に肌の内部を日焼けから守ってくれて、

年齢を重ねてからのシミやたるみを

防いでくれます。

 

PAの効果を表す表示は

『+(プラス)』で表されています。

 

PAで日焼け止めを選ぶときの目安は

 

日常生活(散歩・買い物など)⇨PA+〜PA++

外での軽いスポーツやレジャー⇨PA++〜PA+++

海水浴や外作業の仕事⇨PA+++〜PA++++

 

くらいを目安にしましょう。

日焼け止めの効果的な塗り方

日焼け止めを塗るにケアしよう

日焼け止めには化学薬品

使用されています。

 

乾燥した肌に塗ると

敏感な方は肌荒れを起こしたり、

そうでない方も日焼け止めが

肌に馴染みにくいです。

 

日焼け止めを塗る前に

化粧水や乳液などで保湿してから塗ると

より効果が期待できます。

 

日焼け止めは2〜3時間おきに塗り直す

日焼け止めの効果は

だいたい2〜3時間です。

 

常に日焼け止めを携帯して

小まめに塗りなすようにしましょう。

 

また汗をたくさんかいたり、

タオルやおしぼりなどで

拭き取ってしまった場合も

塗り直すようにしましょう。

 

日焼け止めは出来るだけ均一に塗る

日焼け止めを塗るときは

日焼け止めが薄い所濃い所

できないように出来るだけ

均一に塗りましょう。

 

均一に塗るポイントは、

「塗りたい場所に日焼け止めを

置いてから塗り広げる」

というやり方がいいです。

 

手のひらに日焼け止めを出して

グリグリと手のひらで伸ばしてから

塗りたい場所に塗る方も多いと思います。

 

このやり方では最初は濃く、

だんだんと薄くなってしまいます。

 

日焼け止めを顔に塗る時は2度塗りで入念に

日焼け止めをに塗る場合は、

まずはじめに

おでこ・鼻先・両ほほ・あご

の5ヶ所に日焼け止めをつけて

薄く塗り広げます。

 

そのあとにもう一度

同じ5ヶ所に日焼け止めをつけて

念入りに塗り広げると

より効果的です。

 

また顔は汗をかきやすいので、

小まめに塗り直すようにしましょう。

日焼け止めの効果を下げてしまう塗り方

期限が過ぎた古い日焼け止めは使用しない

前のシーズンの日焼け止めや、

いつ買ったものかわからないような

古い日焼け止めは効果が薄くなっています。

 

日焼け止めは1度使い出したら、

使い切るようにしましょう。

 

もったいない気持ちもわかりますが、

効果がなくてはいけませんよね。

 

日焼け止めは塗り忘れやすいポイントを忘れずに

日焼け止めを塗る時は、

塗り忘れ場所が内容に気をつけましょう。

 

塗り忘れやすい場所とは、

塗りにくい所です。

 

具体的には、

髪の生え際・首回り・小鼻の脇

両肘・両膝・手首・両脇

などが特に塗り忘れがちです。

 

日焼け止め成分が強すぎるものに注意

先ほど紹介した日焼け止めの

目的別の選び方よりも強い成分の

日焼け止め常に使用し続けると、

 

肌への刺激が強すぎて

悪影響が出る可能性もあります。

 

肌が敏感な方は要注意で、

日焼け止めがどうしても肌に合わない方は

ファンデーションBBクリームでも

多少の日焼け止め効果がありますので、

そちらを試してみましょう。

 

外出する直前に塗るのはNG

日焼け止めは塗ってから

肌に馴染むまでに20〜30分かかります。

 

外出する直前に塗ると

効果が半減してしまいますので、

朝などは顔を洗ってすぐに

日焼け止めを塗るといいでしょう。

 

日焼けシーズンが過ぎてもケアしよう

日焼けは夏だけのものではありません。

 

秋や冬でも紫外線が強い日がありますね。

 

日焼けした肌を早く

白い肌に戻したい方には

特に要注意です。

 

日焼けシーズンの夏が終わっても

日焼け止めを塗り続けることを

強くオススメします。

日焼け止めのやり方、絶対に焼きたくない人へ効果的な塗り方を紹介のまとめ

今日は日焼け止めの効果的なやり方を

まとめてみましたが

いかがでしたでしょうか。

 

まとめると、

「自分に用途にあった日焼け止めを

小まめに丁寧に塗り続ける」

ということです。

 

また外出しないで家にずっといる日や、

車の中に長くいるときの場合でも

ガラス越しでも紫外線を

浴びてしまいますので

注意してください。

 

今日は外に出ないからいいやと

思わずに毎日のケアを習慣にすると

より日焼け止めの効果を

得ることができるでしょう。

 

この記事を読まれた方には、

こちらの記事もオススメです。
⬇︎
日焼けした肌を白くする方法!中学生にもできるオススメの方法とは?

日焼け止めの代わりになるものについて調べてみました

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-雑学
-

執筆者:


  1. […] こちらの記事もオススメです。 ⬇︎日焼け止めのやり方、効果的な塗り方を紹介 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク