Dacquoise

多くの方に愛され親しまれるよう、役に立つ情報やユニークな出来事を発信しています

天気

梅雨の晴れ間とはどういう意味?どういう時に使う言葉なの?

投稿日:2019年3月5日 更新日:

Pocket
LINEで送る

梅雨の時期に

よく使われる言葉として

「梅雨の晴れ間」があります。

 

普段当たり前に使っている言葉ですが

本当の意味や使い方を知っている方は

意外と少ないのではないでしょうか。

 

もちろん私も知りませんでした。

 

そこで今日は、

梅雨の晴れ間の意味や

使い方を調べてみましたので

シェアしたと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

梅雨の晴れ間の意味とは?

梅雨の晴れ間(つゆのはれま)とは、

文字通り

梅雨時期の合間の晴れた日のことです。

 

他にも

「梅雨晴れ(つゆばれ)」

「梅雨晴る(つゆはる)」

「梅雨の晴(つゆのはれ)」

「梅雨晴間(つゆはれま)」

などとも表現します。

 

梅雨の晴れ間と同じ意味の言葉としては

「五月晴れ(サツキバレ)」

という言葉があります。

 

この五月晴れは、

最近では梅雨に入る前の時期の

よく晴れた日を指す言葉

として使われますが、

 

本来の使い方は、

旧暦の5月、つまり梅雨時期の晴れ間を

指す意味で使われる言葉でした。

梅雨の晴れ間はどんな時に使うの?

次に梅雨の晴れ間とは、

どのような時に使う言葉なのでしょうか。

 

これもまさしく読んで字のごとく

梅雨時期の合間の

晴れた日に使います。

 

また感情的にも

長く晴れない気分が続いて

幾分かの間だけ楽になった時などに

比喩(ひゆ)として使われることがあります。

 

そのために短歌や俳句、

川柳などによく使用される言葉ですね。

梅雨の晴れ間とはどういう意味?どんな時に使う言葉なの?のまとめ

梅雨の時期は、

誰もが気分が落ち込みやすく

気分が晴れない日が続きます。

 

でもだからこそ、

ちょっとした晴れ間が

とてもありがたく感じますね。

 

梅雨の晴れ間のような

日本らしい言葉を学んでおくと

梅雨の時期も少しは気分が軽く

感じることができるかもしれませんね。

 

この記事を読まれた方には、

こちらの記事もオススメです。
⬇︎

梅雨がない地域はどこ?気象庁に聞いてみた。

秋の長雨、その原因と影響をまとめました。

引越しの日に雨が降るのは縁起がいい!?引越しの縁起担ぎを紹介

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-天気
-,

執筆者:


  1. […] こちらの記事もオススメです。 ⬇︎梅雨の晴れ間とはどういう意味?どういう時に使う言葉なの? […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク