Dacquoise

多くの方に愛され親しまれるよう、役に立つ情報やユニークな出来事を発信しています

雑学

くだりの意味と普段の会話が盛り上がる使い方を紹介!

投稿日:

Pocket
LINEで送る

最近テレビのお笑い芸人や

司会者の方が”くだり”という

言葉を使うのをよく耳にしますね。

 

「あの話の”くだり”はサイコーに面白いね!」

とか

「あそこの話の”くだり”が長すぎる!」

といった感じですね。

 

意味はなんとなくわかるけど、

どういう意味なんだろう?

 

普段の日常会話で

”くだり”を使ってみたいけど

使い方がイマイチわからない、

 

と思われている方も

多いのではないでしょうか。

 

そこで今日は、

”くだり”という言葉の意味と

日常会話が盛り上がる

”くだり”の使い方について

まとめてみました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

くだりの意味とは?

くだりの意味を

辞書で調べてみると

 

「文章や話の一部分」

「前に述べたり行われた事柄を指す意味」

 

とあります。

 

しかし普段の会話の中で使われる

”くだり”はそこまで難しく考えずに

前にした会話や本や映画の一部分のこと

と考えると分かりやすと思います。

 

「〇〇の件(けん)ですが〜」

とか

「〇〇の部分ですが〜」

となるとかなり固い感じがしますよね。

 

「〇〇のくだりが面白かった」

「〇〇のくだりはないほうがよかったね」

というとかなり柔らかい

感じがしていいですよね。

 

ちなみに

”くだり”と似た言葉として

”くだん”という言葉がありますが、

意味としては同じです。

 

”くだり”を漢字で書くと

「件」と書きますが、

ややこしいからか

ひらがなで表記されていることが

ほとんですね。

 

それでは、

”くだり”の意味がわかったところで、

次に”くだり”をどうやって使うと

普段の会話が盛り上がるのか

紹介したと思います。

”くだり”の使い方は基本”ツッコミ”

”くだり”の日常での使い方は、

基本的にツッコミがいいと思います。

 

もともと”くだり”は

使われるようになったのは、

 

テレビで芸人や司会者が

使っていたからで

そしてそれは主に

ツッコミとして使われています。

 

例えば

「今の”くだり”いらんやろ!」

とか

「その話の”くだり”いる?」

といった感じですね。

 

これが”くだり”ではなく

「部分」や「件(けん)」だと

ツッコミではなく

ただの指摘になってしましますね。(笑)

 

またツッコミだけではなく、

何気ない会話に”くだり”を使うと

会話自体が少し柔らかくなりますね。

 

少し距離がある友達との

会話に使うとより親密な関係に

なれると思います。

 

ちなみによく離婚の時に使う

「三行半(みくだりはん)」という

言葉がありますが、

 

ここで使う行(くだり)は、

今日紹介している”くだり”とは

全く違うものです。

 

これは江戸時代に使われいた

今でいう離婚届のようなものが三行半で

書かれていたことに由来しているそうです。

 

ちなみに江戸時代の離婚率は、

今の時代の倍以上あったそうですよ。

 

まあ、この”くだり”はいらないですけどね(笑)

くだりの意味と普段の会話が盛り上がる使い方を紹介!のまとめ

今日はくだりの意味と

日常会話での使い方をまとめてみましたが、

いかがでしたでしょうか。

 

一つ注意点として、

先輩や上司など目上の方に

使うときには気をつけてください。

 

先ほども書いたように

くだりは基本ツッコミとして

使うことが多いです。

 

目上の方に

ツッコミとして使ってしまうと

大変な目に会うかもしれません。

 

失礼な使い方をして

先輩や上司から三行半を

突きつけられないように気をつけてくださいね(笑)

 

それでは、

くだりのくだりは終わりたいと思います。

 

こちらの記事もオススメです。
⬇︎
大戸屋の名前の由来とは?もともとは和食屋さんじゃなかった!?

高速道路が渋滞する原因とその解決策をまとめてみました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-雑学
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク