Dacquoise

多くの方に愛され親しまれるよう、役に立つ情報やユニークな出来事を発信しています

暑中見舞い

暑中見舞いの小学生向けの書き方を紹介!子供でも楽しく書けるポイントとは?

投稿日:

Pocket
LINEで送る

暑中見舞いを送るというと、

社会人のたしなみといった感じですが、

 

本来はそこまで堅苦しいものではなく

送る相手を思いやる

素敵な季節の挨拶です。

 

とはいっても

小学生が書くには、

少し難しい部分もありますね。

 

そこで今日は、

小学生向けの暑中見舞いの書き方を

分かりやすくまとめてみたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

小学生向けの暑中見舞いの書き方とポイント

小学生向け暑中見舞いの書き方

まずは暑中見舞いの

基本的な書き方について

まとめてみました。

 

下に紹介した順番で書いていけば

立派な暑中見舞いを

書くことができます。

 

①「暑中お見舞い申し上げます」と書く

まずはじめに、

「この手紙は暑中お見舞いです」

ということが分かるようにしましょう。

 

難しい漢字が多いですが、

小学生の場合は、

書くことができる漢字だけ

書けば大丈夫です。

 

②季節の挨拶を書く

季節の挨拶といっても

難しく書く必要はありません。

 

「やっと梅雨が終わりましたね」とか

「毎日暑いですね」といった

言葉で十分ですね。

 

③先生や友達の様子を聞く

「毎日暑いですが、元気ですか?」

「夏バテしていませんか?」

といった内容を書きましょう。

 

④自分の夏休みの出来事や思い出を書く

先生に送る場合は、

宿題のことやラジオ体操や、

プールのことを書くといいでしょう。

 

友達に送る場合は、

どこかに遊びに行ったことなどの

思い出を書くといいでしょう。

 

⑤先生や友達が元気で過ごせるようにという思いを伝える

「毎日暑いけど元気でね」

「今度一緒に遊ぼうね」

という感じがいいですね。

 

また先生に送る場合は、

「2学期もよろしくお願いします」

「夏休みが終わって会えることを楽しみにしています」

と書くと喜ばれるでしょう。

 

⑥日付を書く

最後は、

平成〇〇年 〇月

と日付を入れることを忘れなく

 

小学生が書くときのポイント

◎習った漢字は出来るだけ使って書く

大人が暑中見舞いを書くときは、

難しい言葉や言い回しを使いますが

小学生の場合は、

無理に使う必要はありません。

 

無理に使う必要はありませんが、

学校で習った漢字は

出来るだけ使うようにしましょう。

 

特に先生に送る場合は、

夏休みに勉強した漢字なども

使うとよりいいでしょう。

 

◎先生に送る場合は敬語を使おう

友達に送る場合は、

普段の会話のような文章でも

問題ありませんが、

 

先生に送る場合は、

しっかり敬語を使いましょう。

 

あまりにも友達に送るような

言葉使いでは先生も心配するかもしれませんね。

 

◎暑中見舞いを送る時期に気をつけよう

暑中見舞いを送る時期は、

梅雨が明けてから立秋の前までです。

 

立秋をすぎると

残暑見舞いになるので

注意してください。

 

小学生高学年であれば、

理解できると思いますが、

 

小学生低学年の子には

少し難しいと思いますので

大人の方が注意するようにしましょう。

 

◎暑中見舞いの返事は出来るだけ早く返しましょう

暑中見舞いを先にもらう場合も

あると思いますが、

そういった場合はできるだけ早く

返事を書くようにしましょう。

 

遅くとも1週間以内には

相手のお家に届くようにしましょう。

 

◎手書きで丁寧に書こう

字が下手だからといって

パソコンで書いてしまうと

とても味気ない手紙になってしまいます。

 

どんなに字を書くことが苦手でも

子供のできる範囲で丁寧に書けば

なんの問題もありません。

 

 

暑中見舞いの書き方について

もっと詳しく知りたい方は、

こちらの記事をどうぞ。
⬇︎
暑中見舞いの書き方とマナーを例文付きでわかりやすく紹介

子供が楽しく書くためのポイント

暑中見舞いを書く意味も教える

暑中見舞いを送る意味は、

季節の挨拶や近況報告、

相手を気遣うということです。

 

子供にそのまま伝えても

理解しづらいと思いますので、

 

季節の挨拶は、夏のあいさつ

近況報告は、夏休みの思い出

相手を気遣うは、思いやり

と言い換えるといいと思います。

 

葉書のデザイン選びから一緒にしてみる

無地のハガキに文章だけ書いても

楽しくありませんね。

 

かわいいイラストや

写真がプリントしてあれば

子供も楽しく書くことができるでしょう。

 

できれば子供と一緒に

写真を選んだり買いに行くと

より楽しく積極的に書けるでしょう。

 

書く内容を会話しながらまとめる

いきなりハガキに書こうと思うと

大人であっても思いの外

ペンが進まないものです。

 

子供と会話しながら

大人の方がリードして

書く内容をまとめてあげるといいでしょう。

 

ただあくまでも子供が主体ですので、

大人の方はインタビュアーになったつもりで

書くべき内容を質問していきましょう。

 

正確に書こうとし過ぎない

あまり完璧に書こうとして

何度も書き直しさせると

当然子供のやる気も無くなってきます。

 

多少の誤字や脱字は、

気にせずに書いた方が

子供も楽しくのびのび書けるでしょう。

 

どうしても心配な方は

ハガキに直接書く前に

ノートなどに下書きすると

いいかもしれませんね。

 

あくまで暑中見舞いを送るという

気持ちが大切ですので、

そこの部分を忘れないようにしましょう。

暑中見舞いの小学生向けの書き方を紹介!子供でも楽しく書けるポイントとは?のまとめ

最近では大人の方でも

暑中見舞いを送るという方は

かなり少ないと思います。

 

しかし自分宛に暑中見舞いが届くと

非常に嬉しいものですよね。

 

小学生には少し難しいかもしれませんが、

是非チャレンジしてみましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-暑中見舞い
-

執筆者:


  1. […] こちらの記事がオススメです。 ⬇︎暑中見舞いの小学生向けの書き方を紹介!子供でも楽しく書けるポイントとは? […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク