Dacquoise

多くの方に愛され親しまれるよう、役に立つ情報やユニークな出来事を発信しています

グルメ

トマトの加熱用の品種を紹介、見分けるポイントは「色」!

投稿日:

Pocket
LINEで送る

トマトには加熱に適した品種と

なま食に適した品種があります。

 

それぞれに適したトマトを利用すると

より料理が美味しくなり

さらに栄養も効率良く吸収できるのです。

 

それぞれに適したトマトを

見分けるポイントは「色」です。

 

しかし現在スーパーに売られている

トマトは本当にたくさんの品種があって

どれが加熱用に適したトマトか

見分けるのは難しいですよね。

 

そこでこの記事では、

加熱用のトマトの品種と見分け方、

トマトを加熱調理するメリット

についてまとめてみたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

加熱に適したトマトの品種を見分けるポイントは色!

加熱に適したトマトの品種を

見分けるポイントは「色」です。

 

トマトの色には大きく2種類があります。

 

1つは主にサラダ用として使用される、

「ピンク系トマト」です。

 

私たち日本人が特に好み

皮が薄く果肉が柔らかいのが特徴です。

 

なま食には向いていますが、

全体的に薄味でもあります。

 

もう1つが欧米で主流の

「赤系トマト」です。

 

味が濃厚で加熱すると

うまみが増すのが特徴です。

 

欧米では、

「トマトあるところに、料理下手はいない」

といわれるほどに重宝されているのです。

 

とここまでピンク系と赤系の

トマトについて紹介しましたが、

 

「そもそもトマトって全部赤じゃないの?」

 

と思われた方も多いと思います。

 

そこで次にピンク系と赤系のトマトの

詳しい品種を紹介したと思います。

加熱に向いているトマトの品種を紹介

現在スーパーなどで売られている

トマトは本当にたくさんの品種があります。

 

その中で加熱調理に向いている赤系、

なま食に向いているピンク系を

それぞれ紹介したと思います。

 

加熱に向いている赤系トマトの品種

・イタリアン(サンマルツァーノ)

サンマルツァーノに代表される調理用トマト、

果肉が暑くゼリー分が少なく

うまみ成分が多いのが特徴

 

・にたきこま

プラム型の加熱調理向き品種。

煮崩れしにくく、とろみが強くて

色も味も濃厚

 

・ぜいたくトマト

フルーツトマトとして有名ですが、

味が濃く加熱しても美味しい。

 

なま色に向いているピンク系トマトの品種

・桃太郎

現在スーパーなどで最も流通している

大玉ピンク系トマトの代表。

 

果肉がしっかりしていて、

熟しても身が崩れにくいのが特徴。

 

・ピッコラルージュ

糖度10度前後のミニトマト、

濃厚な甘みとコクが特徴。

 

・ファーストトマト

桃太郎が流通する前の

大玉トマトの代表的存在。

 

お尻の部分が尖っているのが特徴的。

 

他のピンク系よりも皮が薄くて、

味が繊細でありゼリー質が少なめ。

 

他にもエバーグリーン・フルティカなどが

ピンク系トマトでは有名です。

 

加熱用となま食用のどちらにも使用できる品種

現在では加熱用となま食用の

どちらにも使用できる品種もあります。

 

どちらの食べ方にも向いている

品種を下にまとめました。

 

・こくみラウンド

・シシリアンルージュ

・アイコ

・シンディースイート

・クマト

・ロッソナポリタン

 

どちらの食べ方にも向いているので、

一応覚えておくといいでしょう。

トマトは加熱するとどうなる?味も栄養もアップ!?

トマトは加熱することで、

甘みやうまみがグッと増します。

 

特に赤系トマトに多く含まれる

リコピンは加熱することで細胞壁が破れ、

身体への吸収率が3〜4倍も

アップすると言われています。

 

トマトにはリコピンの他にも、

カロテン、カリウム、ビタミンEなど

本当に多くの栄養がつまっています。

 

またトマトの酸味やペクチンが

肉や魚の脂っこさを和らげてくれて、

肉、魚、野菜、豆類、卵とも

非常に相性がいいので

様々な国の料理にもぴったりなのです。

 

トマトはスープや煮込み料理に使うことで、

サラダで食べるよりもより簡単にたくさん

摂取することができるのでオススメです。

トマトの加熱用の品種を紹介、見分けるポイントは「色」!のまとめとおまけ情報

今日の記事をまとめると

 

・加熱する調理をする時は、

味が濃い赤系トマトが適している。

 

・サラダなどのなま食には、

ピンク系トマトが合う。

 

・トマトは加熱すること

甘み・うまみ・栄養がアップする

 

ということがわかりましたね。

 

最後におまけ情報を1つ。

 

最近よく「フルーツトマト」という

名前を聞くようになったと思いますが、

フルーツトマトとは、

高濃度トマトの呼び名です。

 

有名なものでは、

フルーツルビー、フルーツゴールド、

フルーツイエローなどがあります。

 

フルーツトマトの糖度は、

通常のトマトの1.2〜1.5倍くらいで、

野菜でありながら果物並みの

糖度があることで人気が出ています。

 

この記事を読まれた方には、

こちらの記事もオススメです。
⬇︎
ナスに含まれるアントシアニンの効果とは?

きゅうりに含まれるカリウムの含有量は?むくみやだるさ解消に効果的!

ゴーヤの栄養は加熱しても減らない?おすすめ簡単レシピも紹介!

枝豆が旬の時期は?大豆にはない栄養もたっぷり!

とうもろこしの旬はいつ?食物繊維豊富でおなかスッキリ!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-グルメ
-

執筆者:


  1. […] トマトの加熱用の品種を紹介、見分けるポイントは「色」! […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク