Dacquoise

多くの方に愛され親しまれるよう、役に立つ情報やユニークな出来事を発信しています

エンタメ

次期朝ドラ「エール」の演出家、吉田照幸と松園武大とはどんな人物?

投稿日:

Pocket
LINEで送る

次期朝ドラ「エール」の脚本家が

交代するというニュースが話題になっていますね。

 

一部ではドラマの演出家との

不仲が原因だとされています。

 

渦中の演出家とは

一体どんな人物なのでしょうか?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

次期朝ドラ演出家・吉田照幸(よしだ てるゆき)とは?どんな人物?

次期朝ドラ演出家・吉田 照幸さんは、

青山学院大学を卒業した後

1993年にNHKに入局しました。

 

携わった有名な番組には、

2013年の朝ドラ「あまちゃん」や「となりのシムラ」

サラリーマンを題材にしたコント番組

「サラリーマンNEO」があります。

 

サラリーマンNEOが映画化された時には、

映画の監督としてメガホンもとっています。

 

2013年よりNHKエンタープライズ所属、

番組開発エグゼクティブプロデューサー

という役職になっています。

 

またツイッターで情報発信もしているようですが、

朝ドラについての書き込みは少ないようです。

 

吉田照幸さんのツイッターアカウントはこちらです。
⬇︎

次期朝ドラ演出家・松園 武大(まつぞの たけひろ)とはどんな人物?

演出家・松園 武大さんの

経歴について調べてみましたが、

あまり公になっていませんでした。

 

これまで携わってきた作品には、

NHK 朝ドラ 半分、青い(2018年)

NHKドラマ 4号警備(2017年)

NHK朝ドラ とと姉ちゃん(2016年)

 

などNHKの作品ばかりなので、

松園さんも吉田照幸さんと同じく

NHKの職員であると思われます。

 

またドラマ「4号警備」では、

「エール」で主演を務める窪田正孝さんと

一緒に仕事をした経験があり

今回のドラマに参加となったのかもしれませんね。

脚本家の林宏司(はやし こうじ)とはどんな人物?

脚本家の林宏司さんは

元々は出版社に勤務しており

2000年の「涙をふいて」で作家デビュー。

 

その後は専門的な分野を題材にした

作品を得意として、主な作品には

 

・救命病棟24時(シーズン2)

・離婚弁護士(シーズン1、2)

・医龍(シーズン1、2)

・BOSS(シーズン1、2)

・コード・ブルー(シーズン1、2)

などヒット作を連発しています。

 

過去にも途中で脚本交代があった

調べたところ林宏司さんは

過去にも脚本を交代している

事実があることがわかりました。

 

その作品はこれまでシーズン1と2を手掛けてきた

「コード・ブルー」です。

 

しかしこの交代は、

今回の朝ドラの交代の事情とは違っていて

単純に林宏司さんのスケジュールNGや

前作シーズン2から7年経過していること

などが主な原因のようです。

 

林宏司さんの作品はどちらかというと

ノンフィクションに近いような作品が多く

NHKの朝ドラのようなハートフルドラマとは

少し毛色が違ったため制作者サイドとの

乖離があったのかもしれませんね。

朝ドラ脚本家交代に対する世間の反応は?

今回の朝ドラ脚本家交代に対する

世間の反応とどんな感じでしょうか。

 

☆ここ数年の朝ドラの脚本には、無難すぎるし、始まってからのネットの感想を気にしている印象を持っていました、、、、

NHKテレビ幹部から「いっぱい口出し・横槍が入る」ということが、はっきりしました。

脚本家の林さんは、自分のある程度考えたストーリーをNHKによってぶち壊しにされることを「良し」としなかったのでしょう。

 

☆こうなるとお互い譲れない決定的な何かがあったんだろう、それにしても始まる前からこれで次の朝ドラは大丈夫が不安になる。

 

☆素直に林さんの脚本のファンなので、楽しみにしていたので残念。再放送のコードブルーはやはり見入ってしまう。

 

☆そういえば作家の倉本聰さんもNHKの理不尽な扱いを受けて、北海道に退いたと言っていましたね。

 

☆受信料で作っているんだから、もっと経緯を開示してほしい。

 

☆番組スタッフが執筆って、大丈夫か?

 

など多くの反応はやはり

ネガティブなものがほとんどでした。

まとめ

最近のNHK朝ドラは、

毎日放送があるたびにネットで

内容やストーリー、視聴率にまで

話題が集まります。

 

いい作品を作るには、

現場にもそれなりのケンカや揉め事が

あるのは当然だと思います。

 

あまり周りの意見を気にしすぎると

帰って面白みのかけた作品になってしまう

可能性もあると思います。

 

次期朝ドラは久しぶりに

男性が主役の作品ですので

どんな作品になるのかとても楽しみですね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-エンタメ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク