Dacquoise

多くの方に愛され親しまれるよう、役に立つ情報やユニークな出来事を発信しています

クリスマス

クリスマスにポインセチを飾るようになった由来とは?

投稿日:2018年9月11日 更新日:

Pocket
LINEで送る

クリスマスの花といえばポインセチアが有名です

 

毎年12月になると街のいたるところに

飾られてクリスマスムードを演出してくれます。

 

元々の原産国はメキシコですが、

アメリカに持ち込まれ品種改良されて

今ではクリスマスになくてはならないものになっています。

 

今日はクリスマスにポインセチアを飾るようになった由来について調べてみました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

クリスマスにポインセチアを飾るようになった由来とは?

 

クリスマスにポインセチアが飾られるようになっその大きな理由は「色」にあります

 

話は300年以上前の17世紀に遡ります。

 

7世紀にメキシコに移住した

フランシスコ修道会の僧たちが

ポインセチを見つけました。

 

ポインセチアの

赤色は「キリストの血」

緑は「永遠の象徴」

白は「純潔」を表すことから、

 

非常に縁起の良いものとして

「ノーチェ・ブエナ」と呼ぶようになります。

 

最初はキリストの誕生祭の行列で使われ

徐々にクリスマスの飾りとして

世界中に広まっていったのです。

 

またポインセチアの葉の形が

キリストの聖地「ベツレヘム」

星の形に似ていることから、

クリスマスを象徴する植物として定着していくようになりました。

 

ちなみにポインセチアの特徴でもある赤い花びらのように見えるところは、実は花びらではなく花を包む苞(ほう)言われるものです。

スポンサードリンク

ポインセチアの名前の由来とは?


参照:ウィキペディア

ポインセチアという名前の由来は、

19世紀のアメリカの初代メキシコ公使(大使の次の階級)の

J・R・ポインセットが関係しています。

 

駐在先のメキシコの南部の街”タスコ”ポインセチアを発見し、

植物学者でもあったポインセット公使は、

ポインセチアをアメリカに持ち帰り

品種改良したことで世界中に広まっていきました。

 

その功績から「ポインセチア」と名付けられました。

 

また日本には明治時代に持ち込まれ、

大酒呑みで顔が赤い伝説の猩猩(ショウジョウ:中国の伝説の生き物、酒呑みを表す)に

似ていることから猩猩木(ショウジョウボク)

という和名がつけられたそうです。

 

メキシコ原産の植物がアメリカから持ち込まれ、

日本で中国の伝説の生き物の名前をつけられるなんて

とてもややこしいですがなんとも不思議なものですね。

スポンサードリンク

ポインセチアの花言葉とは?

 

ポインセチアの花言葉は3つあります。

 

全体の花言葉

「祝福する」「幸運を祈る」「わたしの心は燃えている」「聖なる願い」「聖夜」「清純」

 

白色の花言葉

「慕われる人」「あなたの祝福と祈る」

 

ピンクの花言葉

「思いやり」「純潔」

 

なんともクリスマスにぴったりの花言葉が多いなという印象ですね。

 

「清純」という花言葉はメキシコの先住民が

ポインセチアの赤色を清純のシンボルとしていたことから

全体の花言葉に清純がつけられたそうです。

 

メキシコ人はなんとなく陽気なイメージがありますが、

意外とロマンチックな感情もあるんだなぁと思いました。

 

また白い色はどこからきたのかというと

ポインセチアの茎を切ると白い色の樹液が

出てくるそうでそこからきているそうです。

 

この白い樹液はメキシコでは解熱剤として使われているそうです。

 

花言葉に「私の心は燃えている」とありますが、

ポインセチアからでる樹液は解熱作用がある

というところがなんとも面白いですよね(笑)

スポンサードリンク

ポインセチアの管理方法は?

ポインセチアはクリスマスに欠かせない植物ですが、

実は寒さには弱いのです

 

冬の間はできるだけ天気が良い日は陽の光に当てて

夜になったら窓際から部屋の中心に

持っていった方が長持ちするでしょう。

 

また11月から3月頃までは休眠期に入りますので、

お水もあまりあげない方がいいです。

 

目安としは土の表面が乾いてから4〜5日経ってから

あげるくらいでちょうどいいでしょう。

 

元々は暖かい国の植物ですので、

クリスマスとは無縁だったのでしょうがないですよね(^◇^;)

スポンサードリンク

クリスマスにポインセチを飾るようになった由来とは?のまとめ

ポインセチアを飾るようになった由来は、

 

キリスト教の色が持つ意味とマッチしていたからで、

その名前はアメリカのメキシコ公使のJ・R・ポインセットが

母国に持ち帰り品種改良したことに対する敬意が由来。

 

花言葉は「私の心は燃えている」などクリスマスにぴったりの

花言葉がつけられていることがわかりました。

 

また最近では新しい形や色をした

ポインセチアも開発されているようです。

 

恋人同士や家族でクリスマスをお祝いする際に、

ちょっとしたポインセチアの豆知識を知っておくと

会話にも花を添える事ができるかもしれませんね(なんちゃって、笑)

 

そのほかのクリスマスに関する記事も読まれています。
⬇︎
クリスマス当日に会えない時プレゼントを渡す最適なタイミングとは?

クリスマスケーキのシュトーレンその人気の理由は?どこで買うのがオススメ?

クリスマスカードにメッセージを込めて!高齢者の方に贈る時のポイントを紹介!

クリスマスまでにLINEを使って好きな人を振り向かせる方法とは?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-クリスマス
-,

執筆者:


  1. […] クリスマスにポインセチを飾るようになった理由とは?その名前の由来と花言葉は? […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク