Dacquoise

多くの方に愛され親しまれるよう、役に立つ情報やユニークな出来事を発信しています

雑学

年俸と契約金の違いとは?

投稿日:

Pocket
LINEで送る

プロの野球選手やサッカー選手のニュースでたびたび目にする年俸契約金という言葉ですが、具体的にどのような違いがあるのか知っている人は意外と少ないのではないでしょうか?

この他にも移籍金出来高などプロスポーツのお金に関する言葉についても調べて見ました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

年俸とは?

年俸とは、その選手が一年間でもらうお給料のことです

プロのスポーツ選手の場合、その年のシーズンが終わると来年また契約を結ぶかどうかの話し合いが持たれて、契約が結ばれる時にその年の活躍に応じて来年の年俸を決めるのが普通です。

選手は、来年の一年の給料がここで決まってしまうので一円でも高くもらえるように交渉しなくてはいけません。

ちなみに現役の日本人プロ野球選手で最高年俸は、ソフトバンクホークスの柳田 悠岐選手の5億5千万円です。

スポンサードリンク

契約金とは?

プロ野球の新人選手が入団の時によく使われるこの契約金とは、その選手が球団と契約を結んだという「証(あかし)」のようなもので、一種のボーナスのようなものです

普通会社員をしている一般人には馴染みがないので、あまりピンと来ないと思いますがプロのスポーツ選手とは一部の選ばれた人しかなれませんし、とても夢のある職業ですので世間へのアピールという意味も含まれているのでしょう。

プロ野球界では、この契約金に上限が設けられており金額は1億円です。

はっきりとした規定があるわけではないのですが、過去にこの契約金を巡り問題が起きることもあり暗黙のルールとして決められているようです。

年俸との違いは年俸は毎年もらうお金(給料)で、契約金は最初に一度あるだけというところです

スポンサードリンク

移籍金と出来高とは?

移籍金とは、選手が今所属しているチームから他のチームに移籍する時に移籍先のチームが旧所属チームに支払うお金のことです

なぜそのようなお金が発生するかというと、選手は以前いたチームで育ててもらってきたという考えからきているようです。

以前いたチームからするとその選手が実力がまだまだ未熟な時から時間とお金をかけて育ててきてやっと一人前になったと思ったら他のチームに移籍されてはたまったものではありませんよね。

よく間違われることとして移籍金が選手が受け取るお金だと思っている人がいますが、移籍金は選手本人は一銭ももらえません。

出来高とは、よく出来高払いとか言われますがこれは具体的な目標数値を決めておいて、それを達成することができたら支払うというものです。

野球でいうと打率が3割以上とか、何試合出場とか、ホームラン何本とかそういったものです。

選手としはモチベーションアップになりますし、球団としても年俸で決めてしまうと活躍してなくても払わなくてはいけないので多少の保険になるのです。

スポンサードリンク

年俸と契約金の違いとは?のまとめ

年俸と契約金の違いは、年俸は毎年もらう給料のようなもので、契約金は契約を結んだときのボーナスのようなものだということがわかりましたね。

プロのスポーツ選手はとても夢のある職業ですので、その金額は一般人からすると本当に夢のような額ですが、毎年毎年が真剣勝負で負ければ終わりの世界です。

だからこそより多くの人に感動を与えることができるのかもしれませんね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-雑学
-

執筆者:


  1. […] ちなみに年俸と契約金の違いが気になる方はこちらの記事をどうぞ。 ⬇︎年俸と契約金の違いとは? […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク