Dacquoise

多くの方に愛され親しまれるよう、役に立つ情報やユニークな出来事を発信しています

お中元

お中元の相場は?両親や上司など相手別に一覧表にまとめてみました。

投稿日:2019年3月21日 更新日:

Pocket
LINEで送る

6月になるとそろそろ

お中元を送る季節になってきますね。

 

百貨店やデパートにも

この時期になると特設売り場が

設けられていますが、

 

一体どれくらいの金額の物を

送ればいいのか?

 

というのはとても悩ましいものですね。

 

そこで今日は、

お中元の相場は幾らぐらいなのか

相手別に一覧表にまとめてみました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

お中元の相場一覧表

まずはお中元を送る対象となる人は

誰になるのか確認しておきましょう。

 

・会社の上司

・会社の同僚、部下

・親、親戚、(仲人)

・友人、知人

・隣近所

・恩師、習い事の先生

 

といった方がお中元を送るべき

相手という感じですね。

 

それでは次にそれぞれの

お中元の相場について

まとめてみたいと思います。

 

  会社の上司 会社の同僚、部下 親、親戚(仲人) 友人、知人 隣近所 恩師、習い事の先生
金額 5,000円〜10,000円 3,000円以下 5,000円〜10,000円 3,000円〜5,000円 3,000円以下 3,000円〜5,000円

 

調べた結果およそこのぐらいが

相場といった感じでした。

 

特にお世話になっている方や

繋がりが濃い方には、

10,000円くらいの物を送る場合が

多かったです。

 

では次に

お中元を送る時のマナーや

送る時期についてまとめてみたいと思います。

お中元のマナーと時期

お中元を送る時のマナーを

紹介したと思います。

 

・必ず熨斗(のし)を付けて送る

 

・直接渡すときは”外のし”、

郵送の場合は”内のし”にする

 

・水引(みずひき)は紅白の蝶結びにする

 

・水引の上に「御中元」と書き、

下に自分の名前を書く

 

・相手の方が喪中の場合は、

49日を過ぎていない場合は

時期をずらして送る

 

お中元を送る時期は、

一般的に6月1日から7月15日まです。

 

旧盆の習慣がある関西は一ヶ月遅れの

8月15日までに届くようにしましょう。

 

もしもお中元の時期が

過ぎてしまった場合は、

暑中見舞いや残暑見舞い

という形で送るといいでしょう。

お中元の相場は?両親や上司など相手別に一覧表にまとめてみました。のまとめ

お中元の相場についてまとめてみましたが、

だいたい3,000円から5,000円

おおよその相場といった感じでした。

 

しかし決まりがあるわけではありません。

 

あくまで気持ちが大切ですので

あまり考え過ぎずに

柔軟に決めるといいでしょう。

 

送る品物は、

自分の地元の特産物や

相手の方の好物などが人気のようです。

 

この記事を読まれた方には、

こちらの記事もおススです。
⬇︎
お中元の意味とは?そうめんを贈る理由とは?

お中元のお返しで取引先への正しい対応の仕方を紹介

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-お中元
-

執筆者:


  1. […] こちらの記事もオススメです。 ⬇︎お中元の相場は?両親や上司など相手別に一覧表にまとめてみました。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク